久田順也プロのレッスンDVD「100切りマスター編 10のゴルフ処方箋」絶賛販売中!

みなさんこんにちは。PGAティーチングプロ久田順也です。今日はですね、パッティングの極意というものをお伝えしていきたいと思います。

パターはよく、いろいろ打ち方を悩まれる方がいるんですが、一番大事なことはこのクラブヘッドの先端がこのようにインパクトで一瞬出るという動き、これがないとヘッドが走らないんですが、みなさんどうしても、パターというのを真っ直ぐ、真っ直ぐというのを気にするので、手元、これは非常にいい動きなのですが、実際にはこのクラブというのはヘッドが付いてますので、手元ばかりこうやってしまうと、手が出てしまう動作、手元が流れるという動作が出てしまうとフェィスが開いてしまいますので、右に行ってしまう。特にショートパッドなんかで、右にふっと外れてしまう、押し出してしまう傾向があるというのは、手元が流れてしまっているからですよね。

実はパターというのはこのように、ヘッドが実は一番重くできているので、このように振り子の動きが起こるんですがどうでしょう。振り子というのは支点の位置を超えると、フッとヘッドが出ますよね。でもこれは、パターの時は支点がずれる。要は手元が流れてしまうと、インパクトのポジションでこうやっていってしまうわけです。そうすると、ダウンブローにも入ってしまうんで、上から打ち込み過ぎて、ボールの転がりが悪くなったり、さっき言った押し出す動きになってしまってプッシュアウトが出る。

それを修正しようとして、今度はひっかけたりするんですが、このように、ゴルフパターというのは、ヘッドが重いのでこうやると、ヘッドがポーンと出る感覚があります。自分でこうやってこねて、ヘッドを出すと今度はひっかけたりしますんで、このヘッドの重さで自然にヘッドが出る感覚、これが非常に重要になってきます。ですので、ストロークする時もこの重さを感じて、スッとやると自然にヘッドがポンと出る。追い越す。この感覚を少し意識すると非常に転がりも良くなります。だから、パターの転がりが悪いなとか、右にちょっと出る傾向がある人は手元が流れてることがありますので、必ずスッとヘッドが出る。自分でやると引っかかりますので、あくまでも重さというのが非常に、重さでやっている。クルン、スッ、スッというこのヘッドが出る感覚、これを身につけることによって非常に転がりのいいストロークをマスターすることができますので、是非みなさんも、こうやって片手でブランコのようにやりながら、ヘッドのまず運動を感じる、そこから両手で持ってちょっとストロークをするとヘッドがビュンと重さが動くなと感じますので、是非このへんをパターをする時に取り入れてみてください。必ず良くなると思います。

パターが変わった!先月スコア117が、今月95に。その秘密とは・・。