「100切りマスター編 10のゴルフ処方箋」がついに販売開始!

みなさんこんにちは。PGAティーチングプロの久田順也です。今日は正しいインパクトの型を覚える練習方法です。特にアプローチですと、みなさんどうしてもボールをあてようとして、この尺って絞って左脇があいてしまったり、体が浮き上がったりということがあるんですが、ゴルフで大事なことはインパクトでしっかりとヘッドがバッと前に出て低くでる動き、これをすることによってボールの前のターフをとることができるんですが、これをどうしてもボールを当てようとか、上げようとしてしまうと、左肘が緩んでしまってできなくなります。そこでまず体感するのにシャフト。ちょうど今各メーカーシャフトがとれる、スリブ式になってまして、とれるようになりますので、このようにクラブと重ねて頂いて持ちづらいですけど、このままグリップします。するとどうでしょう。左脇にちょうど通すようにして頂くと、ヘッドが前にいくということは手元がターンをしているので脇腹に、このようにグリップのシャフトの所が当たります。これがポーンと叩けるということは、しっかりとリリースできてますので、インパクトを迎えることができるのですが、これが肘を引いたり突っ込んだりすると当たりません。ですので、これでまず素振りをして、これが正しいリリースでヘッドが出るんだなあというのを体感したら、実際にアプローチでしたらこのように構えてポンと打てるとここに当たれば自然にできています。

どうでしょう。肘も引けてませんよね。ですからどうしても肘が引けてしまったりする方はこの練習をしてみるといいです。これは他にもドライバーでスライスをするという方もあります。

スライスをする方というのは、どうしてもドライバーでも力が入ってこうなってしまうと、フェイスが開いてしまいます。このようにフェイスターンが出来ない人。フェイスターンというのはグリップエンドがこっちの方を指しますから、これも同じようにシャフトを重ねて持って、これは素振りでもいいです。脇腹をドーンと叩くと自然にフェイスがターンしてヘッドもはしります。

こういうインパクト、こういうインパクトでなくて、ポーンと叩けるようにしっかりヘッドが体を追い越す動き。この感覚がシャフトが脇腹を叩く動きと同じになりますので、どうしても手を返そう、返そうとすると手に力が入るのですが、ここに当てれば自然に返ってます。この感覚でしっかりボールを捉えアプローチもビシビシと寄せてみてください。
ゴルフ処方箋100切りマスター編発売