「100切りマスター編 10のゴルフ処方箋」がついに販売開始!

みなさんこんにちは。PGAティーチングプロの久田順也です。今日はゴルフ場の芝の上からのアプローチショットを少し勉強していきたいと思います。どうでしょう、みなさん。結構アプローチ、ゴルフ場に行くとダフッたり、トップしたりとなかなか、難しいと思うのですが実際、実はゴルフ場の特にラフというのは芝が長いので、実際ボールが少しこれぐらい浮いた状態になっていますので、ボールの下にクラブが入りやすいので球はあがりやすいので、実は本当は打ちやすいです。

ただ、それがダフったりしてしまうというのは、まず力加減。力加減というのはどれくらいかというと、ちょうど素振りをした時に芝をこのようにブラッシングする。そうするとどうでしょう。今、インパクトするところが、ここからここくらいまであります。これをインパクトゾーンと言ってこの幅にさえボールがあればボールはどこにあっても当たります。

でもみなさんは、大体ボールを打とうとすると打ち込まなきゃと、掘れてしまったりするわけです。それを怖がって今度上げようとするとトップをしてしまうということがあるので、あまりそういうのを考えずにボールの前後10cmぐらい芝をシュッとブラッシングする。その為にはグリップがある程度柔らかくなってなきゃいけません。

ですから、ゴルフ初心者の方はうまくいろいろ、手首を使うなとか使えとか言われてるんですが、手首を使おうが何しようがこうやって芝さえ擦れていれば、こういう手首が折れた動きでも、その擦れた場所にボールを置けばシュッとボールは当たります。

もちろん手首を使いすぎると距離感が安定しないので、本来は手首をこのように使わないでブラッシングできるようにして、そのまま一歩前に出てワーン、ツーというふうに振ると芝をすっと軽く滑ってくれるので、ダフったりトップすることがなくなります。

でもなかなか、これができないという方は実はボールがあると、このボールに対してボールを当てなきゃと思うので、インパクトの時に体がグッと力が入った時に体重が右になったり体が起き上がったりということがあるわけです。

この重心の位置がズレてしまうと重心が右にくるとクラブの最下点が右側になってしまうので、しゃくったり、ダフったりしてしまったりするので当たらなくなりますので、こういう時はこのように左足一歩で立って頂いてちょうど左足の爪先の前ぐらいにボールがくるようにして、膝と膝をくっつけて、このようにクローズスタンスで立って振ってみましょう。

そうすると重心がずれたりすることがないので自然に打点が一定してきます。この状態で、1、2と振ると簡単に当たります。逆にこの状態で力んだりすることはできません。力むと多分バランスを崩して立てないので自分で自然に力加減も調整できますのでこのように片足とやれば自然に当たります。

この左足1本。これは傾斜のショットでも非常に有効です。こういった時も、こっちで立つだけにしておけば自然に立てて打点も安定しますので是非コースでちょっと自信がないなあと思ったらこの左足1本。左足1本でスッと振る。これを是非試してみてください。
ゴルフ処方箋100切りマスター編発売