「100切りマスター編 10のゴルフ処方箋」がついに販売開始!

皆さんこんにちは。PGAティーチングプロの久田順也です。今日はよくダフる、トップが出るという原因について、お話をしていきたいと思います。

よくゴルフをしていてボールの頭を叩いてしまうとか、ボールの手前を叩いてしまうということがあるのですが、このダフりやトップになるいろいろな理由の中で大きなウェイトを占めているのが、実はこの体重移動そしてウェイトの位置です。

実はゴルフのスイングというのは振り子の運動をしています。振り子の運動をしている時、スイングの最下点・最低点は軸の中心点なのでここになります。でも、もしもこの時に重心の位置が右側にあると最低点は右側になります。ということは、これをスイング中に当てはめると、ここが最低点になるので手前を打ってしまいます。そしてそこから上昇するのでトップをしてしまうということになります。ですので、ゴルフというのはスイング中、インパクトをする時にしっかりと左に乗って左側に重心が来ると中心点が左に来ますので、最低点は左側になります。これをスイングに当てはめますと、ぐっと左に乗っていると地面を擦る場所が左側になります。

もし自分で試す時は、まず重心を5対5にしてこのように芝を擦りますと真ん中がこすれます。そして重心を右にすると右側をこすります。ということは、左側に重心を移動してくると最下点の左側、要はボールの先のターフを削る事ができます。プロがよくやっているボールの先の芝をポーンと飛ばす時はどうでしょう。インパクトはこういう形になっていませんか?左足にしっかりと乗っていますよね。でも、軸というのは右側にあります。皆さん、ここを勘違いしないでいただきたいのですが、しっかり左に乗ろうとすると頭も左にいってしまい確かに最下点はこちらに来るのですが、今度はスイング軌道アウトサイドインになってひっかけてしまう現象が起きてしまいます。ですので、必ず軸を右に保ったまま左に乗ってください。そうすることで後ろから見ると、しっかりと軌道がインサイドから下りながらも最低点は左側になります。

ダフってしまうという方は、最初から少し左足1本で立ってこのようにボールを打つ練習をするとダフらずにボールが打てますので、コース、特にアプローチでダフってしまう時は左足1本で打ってみて“重心は左に乗るとダフらなくなる”というのを体感してみてください。

<関連>
【ゴルフ動画】アドレス時の重心の位置・置き方
【ゴルフ動画】スイングの軌道と傾斜について①
【ゴルフ動画】スイングの軌道と傾斜について②

ゴルフ処方箋100切りマスター編発売