「100切りマスター編 10のゴルフ処方箋」がついに販売開始!

みなさんこんにちは。PGAティーチングプロ久田順也です。今日はですね、ヘッドスピードを上げる、もしくはフェィスローテーション、アームローテーションと言って、このようにクラブを返す動作がうまくできない人が、それを体感する為のドリルを、今日はご紹介していきたいと思います。

ヘッドスピードというのは、このように右腕と左腕が入れ替わるローテーションをするということによって、どうでしょう、ヘッドの運動量が増えます。でもこれが、このままいくと、ヘッドがここで、このまま真っ直ぐ行ってしまうと、全然スピードが、運動量が増えません。ここで手がクルっと返るとこれだけ運動量がでますね。ですから、手を返る動作、というのが重要なんですが、この為にはグリップを大分緩く握って、ギュっと握ってしまうとできないので、少しゆとりをもたしておくとできるんですが、なかなかこれが体感できないという方の為にもう1本クラブを用意します。

そうしたらですね、このクラブを互い違いにして頂きます。このように、ヘッドがどちらも端っこに、両端にくるようにします。ちょっと握りづらいですけど、うまくグリップをして頂いて、この状態で素振りをするとどうでしょう。勝手にクラブの重さでクルっと回るようになります。クルン、クルっと入れ替わります。これはなぜかと言うと、ちょうどヘッドが両方あるので、両方が重いのでこういうカウンターの動きが出て、起きることによって、手が、ヘッドが、自然にターンしやすくなります。ちょうど、今手元にヘッドの重さがあるので、ここを支点にクルリっと回るようになりますね。

でも普段ですとこれがないので、手元が軽い状態なので、手元が流れてしまう。流れてしまうから、いつまでたってもヘッドが手元に追いつかないので、ターンできない。手元を追い越すことによって、このターンというのは起きますので、それを体感させるのに、このクラブを互い違いにして、ここに重いものがついてますので、スッと自然にターンする感覚を覚えることができますので、ちょっと自分で手が返らないなという方はこのドリル、ちょうど練習場やラウンドの前なんかで、クラブを互い違いにするだけで結構なんで、それをするだけでヘッドがビュンて走る感覚がつかめますので、是非このドリルをやってヘッドターン、そしてスピードを上げる方法を練習してみてください。
ゴルフ処方箋100切りマスター編発売