「100切りマスター編 10のゴルフ処方箋」がついに販売開始!

みなさんこんにちは、PGAティーチングプロの久田順也です。今日はよく言われるローテーション。フェイスローテーションアームローションという言葉があるのですが、これについて確認していきたいと思います。

みなさんどうしてもクラブというのをフェイスを返す。返さなきゃいけないと思って思い切り右手で返してしまうと、フックがでたり、逆に言うとこのようにこねてしまったりという動きをしてしまって、みなさんこれを返すと思いがちなのですが、このフェイスローテーションというのはクラブフェイスが回ることであります。

ですからその時に腕がみなさん返すというと、どうしても手首だけでクラブを返していると思いがちなんですが、実はこの時手首だけでなく腕。腕がこのように外側、内側に回る動き。これを外旋と内旋というのですが、左手は外側に回ります。ぐるっと。右手は内側の方に回る。

これを同時に、行うことになっているんですが、ですからローテーションというのは肩から下でこのように回る動きをすることによって回っております。ですので、クラブを持ってやると、こういうふうになり、腕を回すと肩も連動して動いてきますのでこれで、肩がぐるんと回ってきます。

ですので、このローテーションというのは、こちらにある、ちょうどハンドルを回すような感覚をもって頂けるといいですね。ちょうどこのドアノブや瓶の蓋などを回す時に使う回る動き。この回る動きでフェイスというのは自然にターンをして、腕を捻る動きでスピードが上がりますしボールにも力を加えることができますのでフェイスローテーションというのは、腕をクルッ、クルッと内側と外側に回す動き。

結果としてフォローするようなところで腕がクロスするというような表現をしますが、腕を回すということ。ですから、これをまず普段心がけるためにも体操でこのように、腕をクラブをプラペラのように回す練習などをするといいかもしれませんね。

左手も同じように、クルクル、クルクルと回すとローテーションのイメージになります。みなさんローテーションというのはこういう動きをイメージしてしまったりするんで、腕全体を回す動きを意識して頂くとボールはもっと力強く飛んだり、スライスも激変すると思いますので是非試してみてください。
ゴルフ処方箋100切りマスター編発売