「100切りマスター編 10のゴルフ処方箋」がついに販売開始!

皆さんこんにちは。PGAティーチングプロの久田順也です。今日はボールを潰す、打ち込むという動作についてご説明していきたいのですが、よくゴルフはボールを上から潰す、ハンドファーストにする、ダウンブローに打つ、全部同じことなんですが、この時フェースの向きが大事になってきます。

フェースが上から潰すように入らなければ、いくらクラブ自体が上から来ててもフェースが上を向いてしまうような動きになってしまうとしゃくり上げてしまいます。やはり皆さん多くの方が上から入れようとするのですが、当たる瞬間に皆さん、この動き、しゃくり上げるような動き、どうしてもヘッドを走らせようとするので、手を返そうとするとクラブが上を向いてしまう動きになってしまうわけです。

これはゴルフというのがヘッドがかなりグリップから先にある、遠い位置にあるのでなかなかフェースの動きを意識しづらいということがあるのですが、例えば卓球とかみたいに面がすぐ手の近くにあればこの面を下に向ける、ボールをこう潰すと思えば自然に面をこう下に向けますよね。けしてこんな動きはしませんよね。これと一緒で、なるべくゴルフクラブのフェースの面を下に向けながら下ろしてこれるとダウンブロー、打ち込む動きになるんですが、これが遠いからいけないんです。

ですから、あえてクラブではなくて手のひらを意識すると、クラブの動きもスムーズに打ち込む動きになってくるのですが、まず左手は打ち込むと思うと左手の甲はこのようにポンと、こうなります。けしてこっちには曲げないですよね。上からこうやって叩こうとしたら。右手はこういう風になりますから、けしてこうはならないです。両手を合わせたらこうなりますね。この動きをしたらどうでしょう。もうハンドファーストになりますし、クラブを上から打ち込む動きになりますから、このままクラブを持っても同じように振るイメージ、手のひらと甲を地面に向けるようにすると自然に打ち込む動きをして、ここからフォローはクルッと返るとローテーションもしてくれます。

それを皆さん、ヘッドだけ意識してしまうとこねる動きになってしまいますので、ちょっとこねる動きが治らないという方は、手のひら、手の甲、下に向ける、とやると自然にクラブは下に向かって動いてくれますので、ダウンブローや打ち込む動きにもなりますので、ちょっとこの辺を試して練習してみてください。イメージを変える事によってスイングの軌道も変わってきますし、クラブの動きも変わってきますのでトライしてみてください。

ゴルフ処方箋100切りマスター編発売