「100切りマスター編 10のゴルフ処方箋」がついに販売開始!

みなさんこんにちは。PGAティーチングプロの久田順也です。今日はですね。バッグスイングを上げるコツというのを、ちょっと解説していきたいと思います。

みなさん、バックスイングどうしても体を使ってあげようとすると、頭が動いてしまったり。体を動かさないようにすると、手だけでひょいって上がってしまったりということがあるんですが。この体幹を使いながら下半身を使いながらクラブを動かすのがバックスイングです。このバックスイングがスムーズにできないと、それ以降トップオブスイングからダウンスイングもスムーズにいかなくなってしまいますので、このバックスイングの感覚を掴む練習方法を今日はご紹介したいと思います。

このペットボトル。500mlのペットボトル、ちょうど水を半分くらい入れた状態。この状態でクラブの後ろにペットボトルを置きます。この状態でペットボトルを真っ直ぐ後ろに飛ばすようにしてテイクバックをします。この時この右サイドの筋肉。ここをぐっと使う感覚がこれをすると体感します。どうしても抵抗がないと、手だけだと、手だけでひょっと上がりやすいんですが、このように抵抗があると体幹を使わないと動かす事ができません。

手だけで上がってしまう人なんかは、外側にいってしまったり、内側にいってしまったりというふうになるんですが。ちゃんと真っ直ぐ引くということが重要になります。ですのでこれを練習場なんかでも、このちょうど、ボールとペットボトルの間にクラブヘッドをセットしまして、この状態でバックスイング、ポーンと飛ばして打つ。という練習をしますと、自然に体幹を使う感覚を養うことができます。これによって腕の力に頼らないでボールを飛ばすことができますので、ちょっとバックスイングの上げ方、感覚がわからないなあという方はこのペットボトルを使って是非練習をしてみてください。
ゴルフ処方箋100切りマスター編発売