「100切りマスター編 10のゴルフ処方箋」がついに販売開始!

皆さんこんにちは。PGAティーチングプロの久田順也です。今日はアプローチの距離感についてお話していきたいと思うのですが、この距離感と言うのが意外と皆さんよくオーバーする、ショートすると言うのですが、まず距離感を考える前に自分がしっかりボールにヒットしているか、これをしっかり認識することが重要になってきます。

私がよくラウンドレッスンなんかをすると、アプローチを全部オーバーしてしまうんですよと言うんですけど、実はこれ全部トップをしているという人が多いです。オーバーをするので緩めてしまう。小っちゃく振る。結局トップをした時に距離を基準に距離感を出しているので、ちゃんと当たった時に必ずショートしてしまうんです。

それによって、また距離感が分からなくなってきてしまうんですが、逆にダフってしまっている常に、ダフっているので飛ばないので常にスイングが大きくなってしまう。だから、ちゃんと当たった時にオーバーしてしまう。という風に、距離感が一定しなくなってしまうんです。ですから、まず自分が正しく当たっているか。これをしっかり知ることが重要になってきます。

ですので、まず距離感を作る前に自分が正しくボールを捕らえているか、これを考えることが一つ。これは他のアイアンショットでも同じことが言えます。常にトップ目でいけば、やはりボールが転がってしまうので距離が出ますので、自分は飛んじゃうなぁと言うんですけど、これは正しく当たっていないというのがあるわけですね。

ですから、意外とこの辺が盲点なので皆さんも距離感を考える時に、まずちゃんとボールが自分の今使おうとしているクラブの適正な弾道で飛んでいるか、ウェッジを持っているのに低ければやっぱり当たっていませんし、もちろん手応えもちゃんと当たった時はパシッと綺麗に手応えも軽く当たりますので、この辺もしっかり考慮した上で距離感を考えないと、どんどんアプローチの距離感というのは泥沼化して上手くいきませんので、この辺を考えてぜひ距離感を作ってみてください。

ゴルフ処方箋100切りマスター編発売