「100切りマスター編 10のゴルフ処方箋」がついに販売開始!

みなさんこんにちは。PGAティーチングプロの久田順也です。今日はアドレスのときの重心の位置について解説していきたいと思います。
ゴルフというのは、まず、アドレス。なぜ、アドレスを取るかというと、ゴルフは、地面にあるボールを打ちます。必ずクラブを下に向かって振らなくちゃいけません。
どうしても、このように気をつけした状態では、手の通り道がありません。この状態で振ると、どうしても手が安定した振りができません。

そこで、ゴルフは、前傾といって、このように懐を広くすることで、手の通り道を作ります。
支点を下に向かって振るためには、懐が広くなきゃできません。このように懐を作って、手の通り道を作るために行う動作です。
ただ、このときに、重心がつま先なのか、かかとなのか、真ん中なのか。これは人によっていろいろあります。これを自分はどうすればいいかということを確認する方法になってきます。

まず、このように、バランスディスクというものがあります。これはスポーツセンターなどに行けば、購入することができます。この上に乗って頂いて、アドレスをして頂きます。そうすると、自分の癖がわかります。
たぶんこれがグーっとやると、自然につま先になる方。これは、普段からつま先に意識が強いんで、こうやって不安定の場所だとこうなってしまいます。
逆に、こうなってしまう方。自然にやると、こうなってしまう方っていうのは、普段からかかとのほうで立っています。
これをなるべくディスクを自分の中で平にするように努力をしてみて下さい。このときに、自分の中で、自分ではかかとにかけてるのに、ちょうど真っ直ぐだ。つま先にこうやってかけてるのに真っ直ぐだ。というふうに、人によって違うわけです。

でも、ゴルフは、アドレスで重心を真ん中に置くことが、実は重要なんです。どちらの方向にもすぐ動ける状態にすることが重要です。
このように自分でアドレスをしたら、不安定な状態でアドレスをしたときに、このディスクが平になるようなときの重心の位置。というのが、自分の中での重心を意識する場所です。かかとで感じる方は、やっぱりかかとですし、つま先と感じる方は、つま先です。

ただ、これはやってるうちに、また慣れてくると、ずっと自分はかかとだってやってて、極端になってくると、こうなってきてしまいます。たまに、チェックをするといいです。
そして、このときの重心、真ん中と言いました。しかし、ちょうどこのように人間っていうのは、前傾姿勢をすると、頭というのは人間だから思いパーツなので、このように前傾すると、すごく前につんのめってしまいます。
そこで、このお尻というのを突き出して、ちょうど親指の付け根、膝、肩の付け根をこう線を引いたときに、ここで頭とお尻をちょうど2分したような状態です。これが、ちょうど釣り合う場所です。

ですから、こうなってる人は、頭が前に出てるのでつま先になりやすい。体が起きた状態でこうなる人は、こうやってかかとになりやすくなります。
こうやって後ろから鏡で見たときに、ちょうど膝、肩の付け根、親指の付け根が一直線になったところで、この割合、頭とお尻のこの割合がちょうど半分になってるところで立つと、このようにセンターに立つような感覚が出てきます。
このときに、自分の中で、つま先なのか、かかとなのか、というのが後は人によって、差が出てきます。この自分のニュートラルの重心の位置。これができると、正しいアドレスができてきますので、是非皆さん試して下さい。

正しいアドレスができれば、正しいスイングもできます。逆にいうと、アドレスが悪いのに、スイングを治そうとしても、無理が生じてしまいます。
まず、この基本のアドレス、これをチェックしてみて下さい。そこから、まずスイングのスタートだと思ってみて下さい。
ゴルフ処方箋100切りマスター編発売