「100切りマスター編 10のゴルフ処方箋」がついに販売開始!

みなさんこんにちは。PGAティーチングプロの久田順也です。今日はアドレスでの前傾姿勢の重要性とニュートラルポジションについてお話ししていきたいと思います。

ゴルフでいう前傾姿勢、なぜゴルフは前傾をしないといけないのかというと、他の球技ですと、このように野球ですと横に振りますので、クラブの通り道があります。でもゴルフというのは、必ず地面にあるボールを打たないといけませんので、このように下に向かって振りますので、手の通り道をつくらないといけません。このように前傾が誤っていると手の通り道がないので、クラブの通りがコの字を描いてしまったりしてしまいます。

なるべく、クラブを真っ直ぐ通したいので、このように懐を広くするということなんですが、このようにすれば手は通り道ができてスムーズにいくことができます。

このようにするにはどのようにすればいいかというと、ちょうど足の付け根、ここですね。ここにクラブをあてがえて頂いて、ぐっと背骨を押してあげるとどうでしょう。このように懐が広くなり、丁度お辞儀をしたような姿勢です。この状態では足が突っ張ってしまいますので、軽く膝を曲げてあげます。そして手をダランと垂らしたまま、この位置でクラブを握ってあげると、クラブは自然に振りやすくなります。

この手をダランと垂らすとどうでしょう。手というのは、同じ場所を通りますので、この場所でクラブを握っていれば、クラブは常に同じ場所を通りやすくなります。でもこの手の位置が、ちょっと近すぎたり、遠すぎたりしてしまうと、近いとギュッと力を入れなければ同じ場所を通りませし、このように遠くかまえすぎでも自分で当てにいかないといけなくて、体を突っ込む動きが発生してしまいます。

ですので、手をダランと垂らしたまま、これニュトーラルポジションというんですが、この所にクラブを握ってアドレスをすれば、安定して同じ場所を通りやすくなりますので前傾姿勢というのをしっかり押さえるというのが、ゴルフをして正しいスイングをする上での非常に重要なポイントになってきます。
ちょうど、足の付け根ですね。こっから曲げて、膝を軽く曲げます。ゴルフというのはアドレスといいこの2箇所、曲がる場所はこの2箇所だけになりますので、変に腰を曲げたりすると、先ほど言った正しい前傾姿勢をつくることができませんので、この辺を気をつけて皆さんもアドレスをチェックしてみてください。
ゴルフ処方箋100切りマスター編発売