「100切りマスター編 10のゴルフ処方箋」がついに販売開始!

皆さんこんにちは。PGAティーチングプロの久田順也です。今日は捻転についてお話していきたいと思います。

捻転というのはゴルフ中のスイングで体を捻じる動作なんですが、この捻転をですね、皆さんこのように左右に体重移動しながら行うものだと思いがちなんですか、どうしてもこうスライド、スエーをしてしまうと、体が伸び上がってしまったり後方から見るとこういう動きになってしまう。

そうではなくて、捻転というのはその場でグッとちょうど右サイドバックスイングでは引く感じですね。ですので、後方から見るとこのお尻というのがグッと出てきます。それがウェイトシフトし過ぎるとこのようにそのままスライドしてしまって、お尻があまり出てきません。そうすることで前傾の懐も狭くなってしまうので、詰まってしまいます。グッと引く感じです。

フォロースルーはここからこっちを引いたのを、今度はこちら側。右サイド。左のポケットを引く感じですね。右サイドを引いたら今度は左サイドを引くという動作なんですが、皆さんこう突っ込んでしまう動作があるので、これによって軌道がずれたりします。

後方から見ると、バックスイングでグッと右サイド引くように右のお尻が出ます。そして今度ダウンスイングからフォローに入ると左のお尻がグッと出ますので、ちょうどここに壁があったら右のお尻、左のお尻というちょうど左右にスイッチングする感じです。これが皆さん、前に行ってしまったりすると懐が狭くなって伸び上がったりしますので、このスイッチングです。これをこうスライドしてしまうと懐が狭くなっちゃう。引く、捻転というのは右サイドに引いて左サイドに引く、このお尻を突き出す動作をすることによって、どうでしょう、軸がずれませんよね。

ただ気を付けなければいけないのは、こっちを引いて今度ここから左に引くときにこうなってしまうと腰が引けてしまいますので、しっかり左に乗りながらというのが大事です。右に残ったものを引いてしまうと、腰が引けてしまってトップやダフリが出てしまいますので、捻転というのがちょっと上手くいかない人は引く動作を意識するといいんではないかと思います。

左右に体重移動を意識し過ぎてしまう方は、引くという動作をちょっと意識してやってみるとスムーズに体を回すことができるんじゃないかなと思います。ぜひ、お試しください。

ゴルフ処方箋100切りマスター編発売