「100切りマスター編 10のゴルフ処方箋」がついに販売開始!

みなさんこんにちは。PGAティーチングプロの久田順也です。今日はゴルフのスイングをスムーズにするためのゴルフの体操を皆さんにお伝えしていきたいと思います。

ゴルフというのはいろんな関節を連動させてスイングをしています。ですので、その中でもスムーズに動かない場所があると、それをかばって、他の場所が大げさに動いたりしてしまいます。

この体操をすることで、自分がどこがウィークポイントなのかなということも気付きますし、その部分のトレーニングをすることによって、よりスムーズなスイングをすることができます。

まずこのクラブを2本用意して頂きます。このグラブを使いますが、まず指の体操。指はこのようにグーパーグーパーして、指をしっかりほぐしていきます。このようにですね、こうではなくて、こうです。指をしっかり曲げるということが重要です。

このようにグリップというのは、指をひっかけて握ってますので、スタート前などに、指をしっかりほぐすことで、よりスムーズなグリップをつくることができて、グリップのプレッシャーなども安定してきます。

そして今度は、このように親指を体の正面に向けて肩をぐるぐるぐると回します。この時どうでしょう。肩を中心になるべく円を描くように回しますが、ほとんどの方が前ばかり大きく回って後ろの方に大きく動きませんが、なるべく頑張って回します。

今度は、親指を後ろに向けた状態で反対回しをしていきます。そうすると、先ほど後ろがあまり回らなかった方も、実は親指の向きを変えることで、より大きく苦手な方向にも回るようになります。

前を向ければ前に大きく、後ろに向ければ後ろに大きくなりますので、このように指の関節、手の関節の向きが変われば可動域が変わるということも関係していきます。

ですので、バックスイングが硬い方などは、関節の動きをうまく使えば、大きくできますし、逆に大きすぎる方は反対に使えばいいです。

今度は、こめかみの所にこのように手をあてて頂いて、肘を付けて開く、肘を付けて開くというようにします。ちょうど肩甲骨をぐっと、開いて閉じて、開いて閉じてで、ちょうどスイングをする時バックスイングではこのように縮こまって、フィニッシュではグッと広がる動きをしますので、この肩甲骨をスムーズに動かすことによってより大きなスイングをすることができます。

次にクラブを使っていきます。まず手首の動きです。このように持って頂いたら体の側面をピタリと硬定して頂いて、このようにクラブを上下に動かしていきます。これはスイング中のコッキングの動きになるんですが、肘が曲がってしまうと手首が動かなくなってしまいます。しっかり腕を伸ばした状態で、このように動かしましょう。正面から見た時にクラブがなるべく平行に動くように、開いたり、閉じたり、バラバラに動いたりしないようにコントロールしていきましょう。

反対に後ろ向きにして頂いて、これも目で見えませんけどなるべく、クラブを平行に動かします。バラバラになったり、閉じたり、開いたりしないように、まっすぐ、まっすぐですね。これはコックをするときのリリースする時の動きです。

今度は、腕をピーント伸ばした状態です。肩の高さに揃えた状態で、このようにプロペラのようにくるくるくると、クラブを回していきます。ちょうど中心点がずれると、力が動いてしまいます。そうではなく、このように腕を真っ直ぐにした状態で、少しきつい方はこれで短く持つと楽に動きます。女性の方は最初はきついので、真ん中くらいを持ってやるとできます。

先ほどの体操も短く持てば楽にできますので、あまり無理をしないように徐々に慣れてきたら、長く持ちましょう。今度は反対です。このように左右に動かしていきましょう。正面から見ても手を真っ直ぐにした状態です。もっと体力に自信がある方は、このように2本でもやって頂くとさらにきつくなります。

これクラブはウエッジを使っていますが、ウエッジは重いクラブなのでちょっと力のある方はウエッジ、自信のない方はロングアイアンなどを使って頂くといいですね。

次に、このようにクラブを重ねて頂いて、目線の所に合わせてこのように、クラブを左右にスライドさせていきましょう。これは、手首と肘と肩を連動させる動作で、どこか硬く動くとこのようにクラブが波をうってしまいますので、そうならないように平行移動ですね。スムーズに動くように。

今回後ろに回して頂いて、同じように左右にスライドです。特に後ろは背中が硬いので、どんどん上に上がってきますので、そうならないようにとどめながら、自分で平行に動いてるなと確認しながらやっていきましょう。結構これをすると背中がジワーっとなりますので、これくらいするようにしましょう。

今度はこれを腰にあてがえて頂いて、しっかり前傾姿勢をした状態で、体を捻転していきましょう。このようにクラブを背中にあてがえることで背筋が伸びます。背筋が伸びた状態でこのように体が曲がると、よりスムーズにスイングできますので、しっかりと捻っていきましょう。

今度はアキレス腱です。アキレス腱もこのようにクラブを杖のようにして頂いて、グーっと伸ばします。この時みなさんこのように、反動をつけてしまいますが、筋肉が温まってない状態で、このように反動をつけるとブチっと筋肉が切れてしまったりしますので、踵が地面についた状態でグーっと前足の方に体重をかけると、どんどん伸びていきますので、無理のない程度に後ろにグーっと伸ばしていきましょう。

反対の足です。このように前にグーっと、グーっとですね。この時呼吸を止めないように、深呼吸をしながらゆっくり、伸ばしていきましょう。徐々に徐々に前にいきましょう。

最後にクラブを置いて頂いて、手首と足首です。これ同時にすることが重要なんですが、ゴルフは体を連動させて動いていますので、同時にいろんな箇所を動かすというのが、すごく頭の体操にもなります。結構手を意識すると足が止まったり、足を意識すると手が止まったりするのですが、よりスムーズに両足を交互に足を同時に動かすようにしていきましょう。

今ので大体5分くらいでできるのですが、ゴルフの動きも一つずつ重要なポイントを押さえていますので、特に先ほどやった手の動きなんかは非常に重要になってきますので、是非みなさん、スタート前、練習前に試してみてください。
ゴルフ処方箋100切りマスター編発売