「100切りマスター編 10のゴルフ処方箋」がついに販売開始!

皆さん、こんにちは。PGAティーチングプロの久田順也です。今日はスイングを右手でするか左手でするかというところについてお話していきたいと思います。

これはゴルフをする上で必ず出てくる問題なんですが、人によってゴルフは左手でリードしながら打つ、もしくは右手で使ってもっと打たなきゃダメだよって言う人がいるのですが、これはどちらも正解であるし、どちらを意識するかというのはその人によっても変わってきます。右手と左手の役割というのを今日はお話していきますので、この役割が自分の中で出来ていないなという方に意識を持っていくと上手くいくのではないかなと思うので、必ず右手も左もどちらもやはりスイング中は使っています。

まず右手。右手というのは大体右打ちの方は利き手だと思うのですが、やはり器用です。ですから、どうしても皆さん右手で打ちたくなるのですが、右手というのはよくスピードを出す腕、このようにスナップを効かせたりする時に非常に必要なのですが、スナップを効かす時というのはやはりそれほど力を入れていないので、右手を使うといってもそれほど力を入れたりしません。

右手をどうしても使うと、どうでしょう。ボールが真ん中にあるとしたらボールの手前が、この右手というのは右肩が支点になったらボールの手前を支点にして振り子の運動になるので、どうしても最下点が手前になりやすいので、右手をあんまり意識し過ぎてしまうとアッパーになったりしゃくる動きが出てしまうので、やはり右手ばかり使ってしまう意識があってもなかなかボールを上手くコンタクトする事が出来ません。

ただ、右手を使わないとヘッドを走らせるスナップ、クラブを引き付けてリリースを解放するという動きをスムーズに行うという動きがクラブヘッドのスピードを上げてくれるので、右手の動きが使えない人は大体飛距離が伸びないという事があるので、右手を柔らかく使う。使うといっても力を入れたりするのではなくて、柔らかく使うという事が重要になってきます。

そして、この左手。ダフったりする人は先程言ったように左手を意識すると、どうでしょう。振り子の支点が左手をベースにするとボールの先になりますので、ボールが上から下に向かっている途中でボールを捉える事が出来るので、ダウンブローで打ちやすくなります。ですので、左手を意識する事によってボールを打ち込む動作というのが、自然に自分で打ち込もうとしなくても行う事ができます。

そしてフェ―スの向きというのも、右手よりも左手で行う事によってローテーションというのはスムーズに出来るんですが、ちなみにローテーションというのはシャフトを回す動作なのですが、右手でやろうとするとどうしても右手と左手を入れ替えれば良いなと思ってやると、このように右手が勝ってしまってこねるという動きが出やすいです。このこねるという動きは、クラブがこう動いているだけであってシャフトは回っていません。少し左手の甲を回す意識を持つ事によって、フェ―スが返る動きが出るので球がつかまりやすくなります。

ですので、この右手と左手、よくいうのは左手はボールをコントロールする。要はフェ―スコントロールをするのに必要になるので、飛距離というよりはどちらかというとボールの方向性を重要視するので、ボールが安定しないなという人はちょっと左手を意識すると良いんではないかなと思いますので、それぞれの役割を考えながらゴルフのスイングを調整してみてください。

ゴルフ処方箋100切りマスター編発売