「100切りマスター編 10のゴルフ処方箋」がついに販売開始!

皆さんこんにちは。PGAティーチングプロの久田順也です。今日はスイング中のリリースポイントについて、お話していきたいと思います。

ゴルフのスイングをする時のリリースポイントというのは何かと言うと、ちょうどスイング、ダウンスイングをしてきてここからクラブを、溜めてきたものをどこで解放するか。要は、この右手の動きをここからポンと手を返す。ちょうどボールを投げたりするときのリストワーク、スナップの動きなんですけども、これを上手くタイミング良くする事によって、ボールをより軽い力で遠くへ飛ばすことが出来るんですが、これをかなり早いところからやってしまえばしゃくる動作になってしまいますし、スピードもこの辺が最速になって後は減速しながら当たってしまいますので飛びません。

逆にこのタメをきつくしようと思えば思うほど、逆にスピードが出ずにボールがシャンクしたりするのですが、ちょうどボールを投げる動作なんかをしていただくと分かりやすいのですが、例えば、このボールを投げる時にリリースが早ければ、ボールは左に飛んだりしてしまいますね。逆にタメを強く出そうとして押し出すようにしてしまうと、ボールは右に飛んでしまいますし勢いも出ません。ですので、いかにボールを地面に叩きつけるか、というのを意外と練習場なんかでも出来ますので、例えば、ボールをいつものポジションに置いておいて、右手でボールを持った状態でこのボールにぶつける。この練習なんかは、ちょうどどこで離せばボールに当たるかな、というのが分かると思います。

遅すぎても早過ぎてもボールには当たりませんので、こういう練習、スイングと同じように下半身も使いながらボールをパチンと当てるようにすると、このタイミングなんだな、そしてこの時これくらいの力加減でなくてはダメなんだな、という事も体感できますので、どうしてもボールがあると当てよう当てようとしてしまいますので、なかなかリリースのタイミングが分からない方は、ちょっとこのようにボールを投げる練習なんかをしてみるのも良いかもしれませんね。ぜひ試してみてください。

ゴルフ処方箋100切りマスター編発売