「100切りマスター編 10のゴルフ処方箋」がついに販売開始!

皆さん、こんにちは。PGAティーチングプロの久田順也です。今日はゴルフのスイングを安定するための方法として、クラブの振り子の運動を取り入れる方法についてお話したいと思います。

ゴルフというのは通常のスポーツと違って止まっているボールを打つというものなのですが、どうでしょう?通常のスポーツは、飛んで来たボールを軌道へ即して、その軌道上に野球でしたらバット、テニスでしたらラケットを出してポーンと打ち返しますが、ゴルフは逆で、ボールは止まっているし好きな場所にセットしていいわけです。

そこで、他のスポーツとは逆で“自分が振っているクラブの、振っている軌道上にボールをセットする”というふうに考えていただくとゴルフ初心者でも簡単にボールをとらえる事ができるのですが、そのためにはまずこの軌道が安定していなくてはいけません。

このゴルフクラブというものは、総重量の3分の2ぐらいがヘッドに割り振られています。ですので、このようにしてもらうとわかるように振り子の運動が起きます。振り子というのは軌道がいつも同じ場所を通るように動きます。この振り子の運動を取り入れればいいのですが、そのためには振り子はまず軸が一定していることと、リズムが左右対称2拍子になっているということが重要になってきます。

そこで、この振り子の運動を体感するためには、まずこのように両足を揃えて、リズムを整えて、このように1、2、1、2、とスイングをしていただくと、常に芝を擦る場所が一定になってきます。ですので、この擦っている場所にボールを置けば必ずボールをとらえる事ができますので、まずこのように構えていただいたら、1、2、1、2、そうしたらこのクラブとボールの距離感を変えずに、そのまま一歩前に出てワーン、フッと打つとボールは勝手に当たります。このように振り子の運動を取り入れることによってゴルフというのはこの小さいボールでも簡単にとらえる事ができます。逆にこのボールを打とう打とうとして自分で当てに行くと軸がずれてしまい、振り子の運動にならずに軌道が安定しませんので、止まっているボールを打つのが非常に難しくなります。

この振り子の運動を取り入れることによって、皆さんもボールを安定してとらえる事ができるようになりますので、少しこの練習法などを試してみてください。
ゴルフ処方箋100切りマスター編発売