「100切りマスター編 10のゴルフ処方箋」がついに販売開始!

皆さん、こんにちは。PGAティーチングプロの久田順也です。今日はスイング中に前傾を保つための肩の動きについてお話していきたいと思います。

まずはスイング中に前傾をキープするという事なのですが、このように前傾したままゴルフというのはスイングをします。この前傾というのは地面にあるボールを打つために必要な事で、身体が起きた状態ではクラブが地面に届きません。ですので、前傾をして地面とボールとの距離感をコントロールします。

その時に前傾を保ってスイングというのは肩を回してくるのですが、皆さん肩を回すというとこのように横に回すというイメージがありますね。でもゴルフというのは前傾というのが、このようにする事によって背骨の軸が少し傾きます。この軸に対して肩を回すと、どうでしょう。少し肩は縦に回ります。ですから、シャフトが常にバックスイングでボールを指してフィニッシュでもボールを指すというのが前傾を保って肩を回すという動きになるのですが、皆さんこの状態、せっかく前傾をしているのに肩を横に回してしまったら起き上がる動きが出てしまいます。

これによって右膝が出たりというミスが出るのですが、このように前傾を保ったまま肩を回せば膝も出たりしません。正面から見た時に肩を回すというのも、このように前傾を保っているから軸をずらさずにスイングする事が出来るのですが、横に回そうとしたら、どうでしょう。やはり左右にスウェーをしてしまいます。ですので、前傾を保った状態、背骨の軸に対して肩をちょっと縦に回すような意識を持つと良いですね。

この時にポイントが、実はこの脇腹も重要でバックスイング時は右の脇が伸びて、ダウンスイングで少し縮み込むような動作が出てきます。反対に左の脇はちょっと縮んで伸びる、フィニッシュにかけて伸びていくというのがあるので、肩を縦に回すためには少し脇腹の伸び縮みというのも意識するとスムーズに前傾を保って肩を回す事が出来るようになると思いますので、皆さんこの辺も気を付けて練習してみてください。

ゴルフ処方箋100切りマスター編発売