「100切りマスター編 10のゴルフ処方箋」がついに販売開始!

皆さんこんにちは。PGAティーチングプロの久田順也です。今日はシャンクについてお話ししたいと思います。よくあるシャンクというのはアプローチなんかで特に多いんで今日はそのへんについてお話ししていきたいと思います。

まずですね、シャンクというのはボールがソケットと言ってネックの部分にインパクトの瞬間に当たってしまう、前に出てしまうことによって起きることが多いです。原因としては右の膝が前に出たりすることによってクラブの通り道がなくなって外に出たりするということがあります。あとは重心がボールを打とうとして前に行くことによって構えた位置よりも前に行ってしまうのでシャンクをしたりする。要は当てに行こうとすることによって起きます。

実はこれを直す時どうしても皆さん、シャンクをしないように遠くへ立てばいいなあと思うんですが、確かに遠くに立てば先っぽに当たるようになるんで、シャンクは出ないんでその時の応急処置としてはいいんですが、これをずっとやっていると人間反射的に今度遠いものを当てようとするんで、どんどんつま先体重になってしまうんで、どんどん前に突っ込むんで実は逆にこれがシャンクに出る原因を練習してしまっていることもあるわけです。

要は前に出ないとボールに届かないんで、遠くすればするほど、前に出ようとするんでシャンクしてしまいます。ですので逆にこのシャンクを直す練習をする為には、逆にちょっとこのようにボールのヒールに合わせて構えるとどうでしょう。逆に近いと思うと人間は体を後ろに引く動作が自然に発生します。こういうふうに。ですので、ちょっと練習の時は少しボールに近づいてわざと離れるぐらい意識して練習すると自然にこのように体の回転が起きます。

でもどうしても当てようとして前に出るとここで回転が止まってしまって突っ込んで肩も下がったりしますので少しシャンクを直した時に逆にこのように近く立って後ろに引きながら回転する動き。これを覚えるとシャンクの矯正になりますので、この重心の位置前ではなくて後ろに行くように仕向ける、ボールの距離感、これが大事です。後ろです。後ろに行きながらターン。後ろに行きながらターン。これが正しいシャンクの適応法。そうすることによって、懐が広くなりますので、ショットなんかでもシャンクも直りますし更に腕を振るスペースができるので、スピードアップにもつながりますので是非シャンクに悩む方はこの練習をボールに近く立って懐を作るというのを少しやってみてください。

ゴルフ処方箋100切りマスター編発売