「100切りマスター編 10のゴルフ処方箋」がついに販売開始!

皆さんこんにちは。PGAティーチングプロの久田順也です。今日はインパクトの時にしゃくってしまうという方のための練習方法をお伝えしていきたいと思います。

このしゃくるというのは、よくスイング中に上からダウンブローで打ち込もうとするので、上からクラブを下さなければと思っている方はいると思うのですが、どうしてもインパクトの瞬間でクラブを返そうとして返ると手首がこねてしまう。ちょうど左手が甲側に折れて、右手がひら側に折れてしまう動きですね。
こうするとシャフトの角度もハンドファーストというのはこちらの方、右の方に傾いているシャフトの角度で当たることがハンドファーストなのですが、ヘッドが要は手元が先行しているハンドファーストなのですが、インパクトで直前でせっかく溜めが出来ているのに、ここで当てようとして手を返してこのようにハンドレイトで手元が内側になると、手をこねてしまうとボールの手前が最下点になったり、クラブが急激にフェ―スが返ったりしてフックが出てしまったりすることがあります。

これを防ぐのにやっぱりハンドファーストというのが必要なのですが、これは以前も動画で配信しましたが右手のひら、手だけですとひらでボールを押し込もうと思えば自然にこういう動きになりますね。
ずっとひらは下を向いている。外側を向いています。自分の方向を向くことはないのですが、どうしてもクラブを持つと手を返さなければ右にボールが行ってしまうと思うと、手を返す時にこの動き、くるっと手をこねる動きだと手のひらが自分の方を向いているわけですね。

この動きをするとこねているという風になっているので、こねる感覚を直すための練習法として手のひらをこうやると分かるわけですから、アドレスをした時、まず左手はこのままで右手のひらをさっき手のひらだけでやった時みたいに、このようにひらで添えておきます。
そしてひらでこのグリップを目標方向に押す、押し込むってやりながらポーンとやると、どうでしょう。
手のひらがずっと外側を向いていますよね。これが正しいローテーションの感覚です。自然にヘッドはターンをしてくるので、急激なターンではないのでフックをしたりすることがなくなってきます。
右手のひらで押し込む、目標の方に。この時にこねてしまうと、こうなったり、手が外れてしまったりしますので、ずっとこのようにシャフトを押すという感じですね。

こうすることによって正しいクラブの動きも体感することが出来ますし、実際これはハーフスイングぐらいであればこのままボールをパチーンと打つことが出来ますので、ちょっとこの右手のひらを添えて右手のひらで押し込む動き。
この練習をすると右手で押し込んでいる感じ、もしくはフェ―スの上にボールが乗っている、ボールが潰れている感じを掴むことが出来ますので、こういった感覚がなかなか掴めない方はこういうドリルで感覚を体感してみてください。
試すことによって新たなスイングの感覚が身に付いてくると思いますので、ぜひ試してみてください。

ゴルフ処方箋100切りマスター編発売