「100切りマスター編 10のゴルフ処方箋」がついに販売開始!

皆さん、こんにちは。PGAティーチングプロの久田順也です。今日はグリップとフェースの向きの関係についてお話ししていきたいと思います。よくグリップというのはフックグリップですとかウィークグリップというのがあるのですが、これはどういった意味なのかというのを説明していきたいと思います。

まずこのフックグリップというのは左手の角度がこのようにマジックテープが見えるような状態でこのようにボールをセットした状態なのですが、この状態ですとこの左手の角度はフェースを閉じる動作の動きはここまで返せますが、この甲が上を向いた状態からこちらに開く動作というのはこのようにこれ以上関節が動かないので動かなくなります。ですので、フェースが開きづらくなり逆にフェースが閉じやすくフックがしやすいので、このように左手の甲を上に向けるように握るとフックグリップと言われます。

逆にウィークグリップというのはこのように左手の甲がどんどん見えなくなるような、クラブを少し下から持つような握り方にするとどうでしょう、フェースを返す動作がこれ以上関節が動かないのでできません。逆に開く動作がかなりできますのでフェースが開きやすく閉じづらいというふうになるのがウィークグリップと言います。実はこれは右手もありまして、右手もかぶせればかぶせるほどこれ以上フェースをかぶせる動作はしづらくなります。逆に開く動作はやりやすくなるので実は右手をかぶせればかぶせるほどフェースが返りづらくなります。逆に右手をこのように下から握るようにするとフェースがかぶる動きがいくらでもでき、逆に開く動きがほとんどできないので、右手はあまり下から持ち過ぎるとフェースがかぶり過ぎてフックが出るということもあります。

これはドライバーなんかがこのように下から握り過ぎたグリップをするとフェースが返り過ぎて左に行くというようなことが出る人が多くなります。逆にもうスライスしかしないという方はこのように右手を下にして左手を甲が見えるように握っていただくとフェースが返りやすいということがあります。逆にフックに悩む方は左手をこのように持っていただいて右手を少しかぶせるようにしていただくと返りづらくて開きやすいということなどがあります。

このようにグリップによってフェースの向きが変わってしまいますので、皆さんスイングを考えがちなのですが、このグリップは意外と基本で皆さんもう当たり前だと思ってあまりこの辺りをチェックしないことが多いと思うのですが、グリップの角度が少し違うだけでフェースのアングルが変わります。フェースのアングルが変わればボールにかかる回転も変わりますので、フック、スライスの度合いも変わってきます。ですので、ボールにフックが出る、スライスが出るという方はこのグリップももう一度見直していただければなと思います。またグリップは初心者の方はどうしても握り方が分からないという方もいるので、このようにグリップのモデルが付いた物などもありますので、こういった物を使うと正しいグリップの握り方も覚えますので、しかもこのままボールも打てますので、このように握るとクラブが振りやすい、フェースが返りやすい、閉じやすいということも分かりますので、こういったモデルグリップなども使うとグリップを早く覚えやすいのではないかなと思いますので、ゴルフ初心者なんかはこういった物を使うのがおすすめです。初心者は最初はきちんとやっているのですが、ボールを打っているとどうしても打つことに一生懸命で握り方がずれてきたりします。こういった物を使ってやると早い段階でグリップを習得することができますので是非こういう物を使うのをおすすめいたします。

ゴルフ処方箋100切りマスター編発売