「100切りマスター編 10のゴルフ処方箋」がついに販売開始!

ゴルフ処方箋100切りマスター編発売

皆さんこんにちは。PGAティーチングプロの久田順也です。今日はスイング中の足の動きというのを感じる練習方法をお伝えしていきたいと思います。

皆さん、スイング中というのは重心の位置が足の裏でどうやって動いているかっていうのが、意外と感じられません。何故かと言うと皆さん、スイング中はやはり手の動きとか腰の動きというのを意識しがちなんですが、実際そういった動きをする上で重心の位置がやはり合っていないと、なかなか難しくなります。以前、バランスディスクなんかに乗ってという風に言ったのですが、これは全体の大まかな感じなんですが、より細かくというところでいくと足の裏でちゃんと感じることが重要になるので、今日は靴を一切脱いでスイングをするというのをちょっとやってみてください。

なかなかゴルフをする時に裸足になるということが無いと思うのですが、このようにゴルフというのは裸足になることによって足でしっかり重心の位置で大地を掴んでいないと、バランスが取れません。靴っていうのは今、スパイクなんかグリップが良いのでついついバランスが崩れていてもグリップ力でバランスが取れてしまうんですが、このように裸足の状態でスイングをすると、実際こう連続でやってみると分かるんですが、どこにバランス、重心が掛かっているとスムーズにいくかな、そして足の裏が痛くないかな、多分いつもの動きをすると、足が、指が痛くなったりっていう風になる。

これはやはり使い方が間違っているので、どちらかというとよくある足の指ではなくて、ここ。親指の付け根の辺りですね、ここ。母指球と言われるところですね。皆さん、この辺で大地を掴もうとするんですけど、実はこの辺。ここを意識してグッ、グッと下に向かって蹴るようにすると、自然に腰が回るような動作が起きるという風になりますね。母指球から母指球。皆さん、足で掴もうとすると前に行ってしまうので、後ろから見ると詰まった動きになります。母指球から母指球という風に足の裏でどこにいくとバランスが取れるかなというのを、実際に家の中でも良いので、シャドースイングだけでも良いので、どうしたら足の裏でバランスが取れるかなっていうのを、このように裸足でやることが意外と新しい気付きになってくると思います。

今のPGAの選手なんかは意外とこう、昔みたいなスパイク、革靴みたいなのではなくて、スパイクレスといってこの底が柔らかいものを使っているのは、実は足の裏の動きなんかをもっとアクティブに使うためにスパイクレスシューズっていうのを取り入れる選手も増えてきています。この辺なんかもぜひ参考にして、自分で練習してみてください。