「100切りマスター編 10のゴルフ処方箋」がついに販売開始!

皆さん、こんにちは。PGAティーチングプロの久田順也です。今日はフォロースルーで右腕を伸ばすコツというのをお伝えしていきたいと思います。

このようにプロや上級者などは、フォロースルーで右手がピーンと伸びます。これをする事によってクラブの遠心力を最大に使う事が出来るのですが、どうしても皆さんは腕を伸ばそうとするあまりに力が入ってしまうので、逆に縮こまってしまうという動きが出ます。人間の筋肉というのは力を入れると縮こまるので、伸ばそうとして力を入れると逆に曲がってしまいます。プロや上級者がフォロースルーで腕が伸びるというのは、脱力をしているから遠心力によって伸ばされているわけですね。

ただ、伸ばす時も方向があって、皆さんどうでしょう。腕を、クラブを早く振ろうとして、スイング中に右手をこのようにリリースしてしまう動き。手首をちょうどこの方向にこねる動きが出てしまうと、腕というのは曲がりやすくなってしまいます。逆に腕をちょうど親指方向、内旋というのですが、内側に捻じる事によってピーンと伸びるので、このようにフェ―スを少しターンさせる事によって右腕が伸びやすくなるのですが、このようにしゃくる動きが出ると手が縮こまってしまってスピードが減速してしまいます。

これはちょうどボールなんかを投げる時に、手首を使ったリリースではなくてこの捻じる動きというのを、ちょうどこのようにゴルフと同じ構えをして、このようにクラブを支えて左脇から腕をこっち側に捻じる。さっきと内旋をしてピョーンと投げる時と、こねる動き。これをした時でどちらにボールに勢いがつくか、そして方向性が良いかというのをちょっと試してみてください。

このように使うと、やはり腕が曲がってしまいますね。でも、フッとこのように内旋する事で腕が伸びて肩もしっかり伸びてきますので、スイング中にこの腕を内旋させる動き、これをする事によってスムーズな遠心力と腕の伸びを作る事が出来ますので、皆さんこの腕の使い方、リストの使い方を少し気になる方は試してみてください。

ゴルフ処方箋100切りマスター編発売