「100切りマスター編 10のゴルフ処方箋」がついに販売開始!

 

ゴルフ処方箋100切りマスター編発売皆さんこんにちは。PGAティーチングプロの久田順也です。今日はスイング中にフェ―スの面を感じるということについて、お話していきたいと思います。

ゴルフでいうフェ―スの面と言うのはボールの方向を決める上で非常に重要になっていくんですが、これをするのに皆さん、こねるという動きをしてしまうので、ダフったりトップをしたり、ボールが右に飛んだりすることが起きるんです。まず返すというのは、この手の角度を見てください。甲側がこっちにいくと、フェ―スが閉じます。こうすると開くという風に体の正面で見ながらやれば分かるんですが、これをスイング中に感じなくてはいけません。

ですので、まず自分でチェックとしてはトップに上げました、上げた時に自分でフェ―スを閉じる・開くというのをやってみてください。その時に、閉じるってやった時にフェ―スの面が閉じているか、開くっていうのに閉じているかを見ないで出来るようにしましょう。このように、スイング中にクラブの面を感じるというのが重要です。意外とこちらは出来ます。

今度、フォロースルー側、フィニッシュ、この時にフェ―スの面が閉じているか開いているかというのを、自分で確認してみてください、これは意外と間違える方がいます。何故かと言うと、インパクトからフォローにかけて皆さん、返すようでこういう動きをされる方がいます。こういう動きをすると、正面で見るとフェ―スは開く動きをしているんですよね。ですから閉じているように感じるんですが、実はフェ―スは上を向いてしまっているので、フィニッシュの時にフェ―スを開く・閉じる、どっちかなってやった時に、自分が思っているのと意外と逆の方向に指令を出してしまっている。

いくら閉じようとしているのに右に行ってしまうというのは、実は自分の中で閉じるという動き・認識が開いている動きになっていることがありますので、この辺なんか自分でちょっとフェ―スの面がどっちを向いているのかなと思った時に、トップとフィニッシュの位置でフェ―スの向きがどっちを向くかっていうのを確認してみてください。それによって、ボールの曲がりの悩みが治るかもしれませんので、ぜひお試しください。