「100切りマスター編 10のゴルフ処方箋」がついに販売開始!

皆さんこんにちは。PGAティーチングプロの久田順也です。今日はドライバーの飛距離アップのトレーニングについてお話ししていきたいと思います。

まず、ドライバーの飛距離を伸ばしたいということは、ゴルフクラブのヘッド、ヘッドスピード、このスイング中に動いているヘッドの運動のスピードが上がればボールに当たった衝撃が強くなるので単純に遠くへ飛ぶ。要は飛距離が伸びるということになるんですが、このヘッドスピードを上げるのに重要なポイントとしてゴルフのグリッププレッシャーというのがあります。

皆さん飛ばそうとするとギュッと握ってしまいグラフヘッドが動きません。逆にクラブをゆるゆるにすると、ヘッドが走りますよね。というふうになりますので、よくあるのはゴルフのバッド、バッドとか重いものを振るとスイングの飛距離アップするというふうに言いますがこれは間違いではありません。

重いものを振ることによって振る筋肉がつきます。ですので、筋肉アップにはなります。ただ、ゴルフというのはもう一つ重要なのは振る、速く振る感覚を覚えるというのが重要になってきます。どうしても重いものばかり振ってしまうとギュッと強く持った状態で振っているので通常のこのクラブに持ち替えた時にバッドと比べると倍から3倍くらいバッドの方が重いので、握る圧が変わってしまうことで、さっき言ったヘッドが実際に本番になると走らないっていうことが起きてしまいます。

ですので、そういった重いものを振るというのと並行して軽いものを振って速く振る感覚を身につける。ということが重要になってきます。そうしたもので手軽なのがこのドライバーを逆さに持つ。ヘッドとこのように逆さに持ち替えてこのようにグリップが下にくるようにします。この状態で素振りをビュンと振ります。こうすることによってクラブ自体が軽くなりますので速く振ることができますよね。このようにクラブがビュンと速く振る動きを体に覚えこませる。そうすることによって実際に本番でもスピードを上げることができます。

そして、今軽いものを振った後に、このように普通に持つと軽く振っているのに結果がビュンて走る感覚になります。これは軽いものをずっと振っていることでグリッププレッシャーが軽いものに合わせていたのですが、急にこのように通常の状態に持つとヘッドの重さは非常に感じやすくなります。そして人間というのはさっき言った握る強さの感覚がしばらく残っていますので、グリッププレッシャーがゆるゆるの状態で振ることができるので、ヘッドの動きを使って非常にヘッドスピードを上げることができますので、この逆さ素振り、これなんかはスタート前にもできますし、ラウンド中ちょっと前の組がつまってて、待ってる合間なんかにもできますので、是非これを試してみてください。必ず飛距離は伸びると思います。

ゴルフ処方箋100切りマスター編発売