「100切りマスター編 10のゴルフ処方箋」がついに販売開始!

皆さんこんにちは。PGAティーチングプロの久田順也です。今日はダウンスイングでの下半身の蹴る方向、力の加える方向、そしてダウンスイングのクラブを下ろすための動作というのを、引き続きこのスケーティングボードというのを使って説明していきたいと思います。

ダウンスイングというのが皆さんクラブをこう、よくグリップエンドを引き付けるとか言うんですが、これを手でやってしまうとやはり力が入ってしまって、実際はこう外から下りてきたりという現象が起きてしまうんですが、実際はこの下半身全体の動きで自然にクラブが落下するという動きが出来てくるのが理想とされています。

落下させるためにはどうすれば良いかというと、もちろんゴルフというのはダウンスイングの時に左に踏み込んで目標方向にクラブを振り出していかないといけないんですが、そのキッカケの動き出しというのがすごく大事で、ちょうどこのようにスケートを横に滑った時にクラブを持っていると、ダウンスイングの瞬間、蹴る時というのはグッとこう力を入れないと切り出せないわけですね。力を抜いていると、自然にクラブはどうでしょう。真下にグッと下りますよね。

ちょっとこのようにしゃがみ込むような感じがあると、自然にくっつける動き、そしてスピードもビューンと発生させることが出来ます。ですので、実際このダウンスイングというのは、動きの中で素振りをしたりすると自然にクラブが落下する感覚なんかも掴めるので、こういった器具を使ってトレーニングなんかをしながら正しい動きを覚えるというのも、スイングを作る上で非常に役に立ってくると思いますので、ぜひお試しください。

ゴルフ処方箋100切りマスター編発売