「100切りマスター編 10のゴルフ処方箋」がついに販売開始!

みなさんこんにちは。PGAティーチングプロの久田順也です。今日はフェースローテーション、アームローテーションというように、このようにクラブを返す動作。これについて、ご説明していきたいと思います。

まずは、返す動作、なぜするのかというと、ボールを捕まえたいからと思いがちの人がいます。一番の理由は、実は、ヘッドの運動量を増やしてあげる、ヘッドスピードを上げるのに重要な動作になります。右手と左手がこのように入れ替わることでどうでしょう。ほとんど手元が動くことなく、クラブが180度ぐらい動きます。でも、このように手を返さなければ、ヘッドの運動量が出ません。

このローテーションというのは、実は、ヘッドスピードを上げるために重要な動作になります。そして、このヘッドスピードを上げるためのローテーションも、皆さん返すというと、実はこのように手をこねるという動作をしてしまいます。

これだとどうでしょう。右手が左手を追い越してません。そして、フェースの向きもこの動作をすると、ずっと上を向いています。そうではなくて、フェースローテーションやアームローテーションは、フェースがこのようにターンをするという動作をして、始めてローテーションになってきます。

このローテーションは、このように、こちらの角度から見ると、こねるのではなく、右手と左手が入れ替わるというのを意識してやらないと、正しいローテーションにはなりません。ですので、このローテーションをするときは、少しこのように、右手と左手の間隔をあけるスプリットハンドというのがあります。この状態で素振りをすると、手の返る感覚が掴みやすくなります。

ただ、この手を返すというのも、腕力でガッと返すと、左にひっかけたりしてしまいます。そういう方は、さらに、さっきのスプリットハンドを人差し指と親指2本、このように。もしくは、この中指も添えて頂いて、6本の指でちょっと間隔をあけた状態で、このように揺さぶって頂くと、クラブの重さで自然に右手と左手が入れ替わって、フェースがこのように自然に開閉運動してるなっていうのを体感することができます。

ですから、このローテーションをするときは、実は、このグリップの中で、支点を2つ作っていくと、自然に行いやすいんです。しかし、皆さんはグリップをギュッと全身全体を強くもってしまい、手を返しづらくなるので、こねるという動作が出てしまいます。このローテーションというのをちょっと上手くできないなっていう方は、今やったことを参考にして、練習をしてみて下さい。
ゴルフ処方箋100切りマスター編発売