「100切りマスター編 10のゴルフ処方箋」がついに販売開始!

皆さんこんにちは。PGAティーチングプロの久田順也です。今日はよく皆さんが言う、チーピンということについてお話ししていきたいと思います。

まず、このチーピンとは何かと言うとドライバーで打った時に急激に左に曲がる球のことを言います。この元々の由来は麻雀のチーというもの、左にパイをやるのでこれが元でチーピンというふうなっているのですが、チーピンがでる原因として色々あるんですが、チーピンというのは要は左に急激にピュッと飛び出す、曲がるということを言いますが、まず一つ目のチーピンと言うのはボールが左に飛んで、左に飛び出すようなものですね。

これは、単純にクラブが外側から下りてきてフェイスが閉じている状態でくると、起きます。ですので、これはスライスで悩んでいる人が捕まえようとするとよく起きます。多分こちらはどっちかと言うと引っ掛けというところになります。本来のチーピントいうのはまずボールは普通に飛び出すんですがそこから急激に左に曲がる、要はフック回転が強烈にかかっているというものを指すんですが、これは何故そうなるかと言うとこのゴルフクラブがボールに当たる直前で急激にターンする、急激に返ることによってこれは起きます。

これは、ある程度上級者になるとクラブを返すことができるようになってくると、起きてきます。メカニズムとしては大体フックを打とうすると皆さんインサイドから下ろそうとしすぎて、これを急激にやりすぎることによって、本来フェイスが開いてプッシュアウトが出ます。このままではいかんということで急激にフェイスを返すとインからすごく入ってきて、ここから急にフェイスが閉じるとボールのクラブの軌道がインサイドアウトのクローズフェイスなんでフックします。

ですので、軌道が急激な内側からフェイスが閉じるという動きが起きるとよく起きるんですが、ちなみに急激にインからクラブが入ってくると大体が煽るようなアッパー打ちになりやすくなるので、よくクラブが下からはいる方なんかもこのチーピンというのが起きやすいです。ですので、なるべくこれが起きない為には軌道があまり急激に内側から入ったりアッパーにならないようにする。というところなんかを気を付けていくといいんではないかと思いますが、これはでもチーピンというのはやはり上級者、クラブが返る動きができるようになってきて初めて出る現象なのでチーピンが出てきたら、いよいよゴルフが一人前になってきたなというふうにも思ってもいいんではないかなと思いますので、この軌道、急激な角度をつけない、なるべく緩やかなインサイドインもしくはインサイドアウトというふうになってくると、それほどチーピンもでませんので、このへんを気を付けて是非取り組んでみてください。

ゴルフ処方箋100切りマスター編発売