「100切りマスター編 10のゴルフ処方箋」がついに販売開始!

みなさんこんにちは。PGAティーチングプロの久田順也です。今日はバンカーショットの打ち方についてご説明していきたいと思います。バンカーというのが、このように砂の上にボールがありますと、どうしてもボールの手前何センチを打ち込む、とやってしまってボールが出ない。このように深く入れてしまうと、ボールが出なくなります。バンカーというのはイメージとしては、このボールがバンカー内にある砂つぶと同じだと思ってください。ですからまず、このように構えたら砂を削る感覚です。このように砂をバサッとピン方向に飛ばすようにするには、あんまり深くとってしまうと飛びません。ですのでまず、薄く削る感覚です。

もしプライベートでラウンドに行かれる時、素振りをしてみて実際どれくらいの力加減ですると砂がバサっと取れるかをちょっとやってみてください。そして、砂の削れたボジションの所の真ん中にボールをセットして砂つぶと同じように、これが砂つぶだと思ってこのようにポーンと振って頂けると簡単にボールはアウトします。

そこで、注意ポイントがあります。みなさんよくバンカーというのはフェイスを開いてオープンスタンスでこういうふうに構えがちなのですが、こうすると一般の方は腰が引けてしまうので手前を打ってしまってダフリやトップ、ホームランというのがでやすくなります。

実はバンカーとかゴルフのショット全般に言えるのですが、インパクトの瞬間というのは、左にこのように重心がのる形になりますので意外とクローズスタンスというような形でやると一番良くなります。

極端に言うとバンカーが得意じゃない方は、左足1本でこのように立って頂き手首の動き、コッキングの動きだけで振るとどうでしょう。同じ場所の砂を削りやすくなります。ですのでこのように左足1本にしてボールはちょうど左足の前くらいに置いて頂いて、コックの動きで砂をポンと削ってあげれば簡単にボールは出ます。

どうしてもボールが安定して、トップしたりホームランしたり安定しない方はこのように左足1本で立って頂き、ポーンとやると軽い力でボールを出すことができます。

ちょっとバンカーが苦手だなという方はこのように、右足を引いてこの状態でコックの動きだけ。というふうにやってみてください。
ゴルフ処方箋100切りマスター編発売