「100切りマスター編 10のゴルフ処方箋」がついに販売開始!

皆さんこんにちは。PGAティーチングプロの久田順也です。今日はスイング中の軸の動きを、ちょっとスケートの動きを使って説明していきたいと思います。

スイング中、軸というのがよく頭を右に残せとか、頭がスイング中に突っ込んでるからダメだよという風になるんですが、この動きを皆さんがしようとすると、頭を動かしちゃいけないと思って固定をしてしまうんですが、実際ゴルフ以外のスポーツでも軸というのは必ず重要で、テニスでも野球でも何でも軸があるからバットやラケットを振れるんですけども、クラブを振る時も必ず軸があるからスムーズに振れるんです。

止まった状態で打つので、どうしても軸というものを意識する時に止めてしまうというイメージがあるんですが、実は軸というのは動きの中で作っていくという風に考えると力を入れずとも出来てきますので、その感覚というのが、ちょうど今、私が上に乗っているスケーティングボードというのがあるんですが、この上でこのようにスーッとスケートをするとどうでしょう。必ず、踏み込む方向と反対に頭が一瞬スッといかないと切り出せない訳ですね。これでゴルフクラブを振っていくと、自然にダウンスイングも出来ますよね。グッと踏み込んで、ビュン。これが下半身ですね。左のお尻がグッと出てから、右足を蹴ります。

というように動きの中で、動くことによって自然に軸を作るというのがありますので、こういう動きの中で軸が意識できない人は作ってみるとスムーズに出来るかもしれませんので、ぜひ試してみてください。

ゴルフ処方箋100切りマスター編発売