久田順也プロのレッスンDVD「100切りマスター編 10のゴルフ処方箋」絶賛販売中!

みなさんこんにちは。PGAティーチングプロの久田順也です。今日はアプローチパターの距離感について勉強していきたいと思います。

 
どうでしょう。実際ゴルフコースに行くとピンまでの距離、どれくらいの強さで振ればいくのかなというように、このようにクラブの振る大きさをどれぐらい振ったら何ヤード飛ぶというふうに、みなさん考えがちなのですが確かに振り幅で距離は決まるのですが、では逆に言うとこの振り幅はどうやって決めるかというのがあります。
 
どうでしょう。みなさんが目標に向かってボールをこのようにポーンと投げて寄せる時に手をどれくらい振るかとは考えませんよね。どちらかというとボールがどれくらいの勢いで柔らかく相手の胸元にポッといくようなイメージをもって振ると自然に手の振り幅が決まるしボールの勢いも想像します。 近い人に向かってこんなに思い切りは投げたりはしませんので、このイメージというのは非常に大事です。
 
ですからゴルフも同じように例えばこのくらいの距離のアプローチで柔らかくいきたければ、ボールはふわっと上に上がればあまり転がりません。 でも逆にちょっと強めにいきたいと思えば、低めにやるとどうでしょう。ボールは転がりますので、このようにイメージというのが大事です。ボールのスピードや勢いを意識することによって、アプローチやパターの振り幅は自然に決まってきます。
 
ですから打つ前に必ず、ボールの転がる勢い、球の飛ぶ勢いを想像するとアプローチの距離感が自然にでてきます。ですから朝スタート前に練習グリーン、アプローチすることはできませんが手にボールをショットする時に同じように体を横に向けて下手投げでふわっと投げたらロブショットみたいになります。
 
ランも少ないです。 低めにこうやってあれば、ランニングアプローチというふうになりますので、それでコースでのイメージがでてきます。この転がるイメージをすることによって、自然に振り幅も発生しますのでまず振り幅を決める前に、必ずボールの転がるスピード、球の飛ぶ勢い、これを頭の中で想像していくと距離感が自然にでてきますのでこの辺も想像して是非コースのプレイで頑張ってみてください。

 

パターが変わった!先月スコア117が、今月95に。その秘密とは・・。