「100切りマスター編 10のゴルフ処方箋」がついに販売開始!

皆さん、こんにちは。PGAティーチングプロの久田順也です。今日はスイング中にコックの量を調整する方法をお伝えしていきたいと思います。

スイング中のコックというのは、このようにクラブが腕と合わせて90度になる、ちょうど親指方向に曲がる動きの事をいうのですが、コックをする事によってヘッドの運動量を稼ぐ事が出来ます。ですが、これをする事によってバックスピンが増えたり球が上がるようになってしまうので、林から出す時ですとかアゲインストの時に球を低く打ちたいという時なんかは、逆にコックを減らす事によって低い球を打ったりする事が出来ます。

ですので、このようにコックを使うというのはスピードを上げるのには非常に重要なのですが、低く打つ時には非常に邪魔になる動きになってきます。そこでプロなんかはこのようにコックを使わないで打つノックダウンショットなどもあるのですが、一般のゴルファーの中にも逆にコックを使い過ぎてオーバースイングになってしまう、逆にコックが出来ないので肘が曲がってしまうという方がいるのですが、これを調整する方法というのがアドレスで、この肘ですね。肘の曲がり具合を調整すると、コックというのがコントロールする事が出来ます。

肘を曲げたままちょうどパターのようにすると、どうでしょう。手首がロックするような感じがあるので、身体の回転だけでボールを打つような動作をする事が出来ます。ですので、ちょっとコックが多いなという方は、自分の中でアドレスで軽く肘にゆとりを持たせておくとコックの量が減ります。逆に手首がグニャグニャ、コックを使い過ぎてしまうという方は、このように肘を曲げとけば良いのですが、逆にコックが足らない方は逆に肘をピーンとつっぱっておけば自然に手首を曲げやすくなります。

ですので、バンカーショット、ロブショットを打つ時なんかは、このように肘をピーンと張っておくとヘッドの運動量を多くする事が出来ますので、この肘、肘をつっぱるかゆとりを持たせるかで手首の運動量、つまりコックの量が変わりますので、この辺で悩んでいる方はちょっと構えを意識して調整してみてください。

ゴルフ処方箋100切りマスター編発売